スポンサーリンク

ピンクの派手色も夏は果敢に挑戦しよう!

RODEO CROWNS, CHILD WOMAN, 靴下屋, VANS

気が付いたらお盆なんですね。

夏季休暇の人が多くて気が付きました。こんにちは、タカコです。

スポンサーリンク

この日のコーディネート。


トップス:Dot and Stripes CHILD WOMAN

パンツ:RODEO CROWNS

靴下:靴下屋(Tabio )

靴:VANS


夏だからこそ派手ピンクを着よう

結構ビビッドなピンクです。

このピンクを着ていたら「タカコさんらしい~」と言われました。

詳細は聞きませんでしたが、恐らく「そんな派手な色迷いなく着れるのがタカコらしい」ということなんだろうなぁ~と察しました。

そう言った人は、私より10歳も年下の20代後半のアラサー女子です。

私からすると、「アラサーなんてアラフォーに比べたらまだまだ若いんだから、私以上に好きな服を好きなだけ着れるのにな」と思いました。

確かに、ピンクに限らずビビッドな色は「派手かな?」と躊躇しがちな色だし、他の色展開で黒やおとなしめの色があれば、派手色は避けがちになります。

私も最初はそうでした。この服を見つけた時、他の色展開もあって、黒もありました。

けれど、展開されている色の中で、このピンクが一番かわいかったんですよね。

自分の直感を大切にしたい。

夏は大胆になりやすい季節といいますし、ワクワクするものです。明るい印象もあります。

この色、冬に着るより、夏に着たほうが勇気は少ないです。

”季節感”というものがファッションではとても大切な要素になりますが、夏だからこそ映えるカラーというのがあります。

オレンジや黄色、明るい色は、冬よりも夏の方が連想しやすいです。

暖色系・寒色系と言われるように、春夏は明るい色、秋冬は落ち着いた色という印象が一般的です。

その常識、心理を利用すれば、全然派手に感じないんですよ。

だから声を大にして言いたい。

夏しか派手色きれない人は、夏こそ挑戦して!!!

ライトブルーのデニムで緩和させる

派手色に派手色や、濃い色を持ってきて来るとうっとおしいし、うるさい印象になると思ったので、ライトブルーのデニムを合わせました。

ゆるっとたダメージデニムですが、細身のパンツでも良いと思います。

私の好みで、このトップス自体が結構ゆったりした作りということもあり、カジュアルにコーディネートしたくなるんですよね。

裏がスウェット地になっているデニムなので、思ったよりゆるっとした印象になってますね~…。

こちらのパンツはこの日にも着ていますが、トップスの色が異なるだけで、大分印象が変わるな~と思いました。

今回は、このトップスを生かすためのコーデになります。

コーディネートのおさらい。


トップス:Dot and Stripes CHILD WOMAN

パンツ:RODEO CROWNS

靴下:靴下屋(Tabio )

靴:VANS


 

こんな時の着回しどうしてるの~?とか、コーデで気になることとかありましたら、お答えしますので、お気軽にコメント下さい!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

ポチっとお願いします(*´ω`*)

にほんブログ村 ファッションブログへ