スポンサーリンク

ミニスカートは何歳まで?と年齢を気にする服はライブで着てみよう

AZUL BY MOUSSY(MOUSSY), DIESEL, 靴下屋, WEGO

平成最後の夏コミ最終日…!

「平成最後」と言うだけで、センチメンタルな気持ちになってしまうのは、昭和生まれだからですかね。

まさか、三つの和歴を生きるとは思いませんでしたよ~びっくりだよね。

そんなびっくり平成最後の夏ですが、平成最後だろうが関係なく、夏はライブの季節です!!!

今日はね、平成最後でもアラフォーでも、やっぱり履きたいミニスカート!です。

スポンサーリンク

この日のコーディネート。


Tシャツ:MOUSSY

スカート:WEGO

靴下:靴下屋(Tabio )

靴:DIESEL


アラフォーだからってミニスカートを諦めない

アラフォーでもミニスカートは履きたいんです!!!

やっぱりね~~可愛いの代名詞だと思うんですよね。ミニスカート。

でも、「アラフォー」だから…早い人だと「アラサーだから…」でミニスカートを諦めている人多いと思うんですよね。

諦める要因て、年齢ですか?

気持ち、すっごーーーーーくよくわかります。

私も年齢を気にして普段はミニスカート(膝上丈のスカート)は履きません。

ただ、「普段は」になります。

私の普段は、会社ですね。職場に行く服装として、ミニスカートはチョイスしません。

なぜかというと、職場は私の年齢を知っている(正確な年齢じゃなくて世代など)が知れているからです。

「タカコさん、いい年してミニスカートなんて履いてきているよ…」と思われるのは恥ずかしい!という気持ちになるからです。

別に今まで直接言われたわけでもないので、これは私の憶測でしかないのですが、そう思われても実年齢的に仕方がないのかな、と思う反面、職場でそう思われるかもしれない~っていうことをビクビクしてまで着たくないからです。

職場はただでさえストレスしかないのに、大好きな洋服を着たことによって、更にストレスは増やしたくないですから。

が、ミニスカートを持っているし、たまには履きたい!と思うのは、女性ならあって当たり前の感情です。

そもそも、年齢によって「着るべき服」「着てはいけない服」って考えや、そんなクソみたい(言葉遣いよ)な感性の人に気を遣って、自分の着る服を選ぶべきではないとは思うのですが、TPO!とかいう人もいますからね。

職場によっては雰囲気とか「オフィスカジュアルで」など提唱しているところもあるみたいなので、着たい服が着れない…と思う人もいるみたいなのは悲しいですね。

着てる服で、仕事の良し悪しや自分の仕事の能力なんて変わらないのにな~~~って思うのですが。

話が逸れましたが、着たい服を普段は着れない…では、どこで着ればいいのか?という話です。

アラフォーだからって、ミニスカートや本当は着たい服を諦めないで!!!

ライブやイベントの非日常の世界で楽しもう!

この日は、オールスタンディングのライブ(オタクな2.5次元のライブ)に参加してきました!

プリーツのミニスカートです。

ライブだからこそ、思い切ったファッションが出来ると思うんですよね!!!

なぜかと言いますと、ライブでは、みんなステージ上に目線を送って、周りにいる観客やファンなんて目にしません。

それに、私がアラフォーだっていう情報も誰も周りの人は知らないんですもの。

もしかしたら「あの人ちょっと無理してるな?」と思われるかもしれませんが、そんなの一瞬の出来事だし、そんなことを思ったファンの人も、3秒後には私の痛いファッションなんて忘れています。

というか、ライブなんて推しファッションを楽しむ要素もあるので、痛いファッションなんて、もう成功者、勝者じゃないの??!!とすら思えてきます。

ライブでしないでいつするの?

「今でしょ!」

という某林先生の声すら聞こえてきます。

そうなんです、今しかないんです。夏だしね!!!

ミニスカートは夏のライブでこそ、年齢関係なく履けるのです!

だって、周りには知らない人ばかりだから~~~~~~!!!

もちろん、コミケだってOKだと思いますよ。むしろコスプレと混じったら「普通」にすら見えますから。

こうやって、「普段」着れないのであれば、「普段ではない場所」イコール、非日常で着るのが一番良い場所なのです。

チャレンジ場所に悩んでいる方も、「非日常」の場所であれば、チャレンジしやすいと思いますよ!

例えば、旅行先とかね。

コスプレ要素を取り入れやすいのも非日常だから

このスカートは若者ご用達の「WEGO 」で購入しました。

普段は若者すぎて買わないのですが、「WEGO 」ですが、半年ほど前に「大人も着れるような制服っぽいスカート」を探した結果、「WEGO 」になりました。

実は、某アイドルのコンサートのドレスコードが「制服」だったのですが、ジャケット、ブラウス、ネクタイはあったのですが、それに合う制服っぽいスカートが手元になくてですね…

色としては、黒が良かったんですよね。

制服っぽいスカートで膝丈スカートとかもあったのですが、着合わせで考えると界隈さがないというか…コスプレ感が薄くなるというか。

ある程度短い丈のスカートで、プリーツで、それでいてアラフォーが着ても平気となると、色は必然的に黒のミニスカートになるわけで…

普段使いのアイテムではなく、イベントに参加するためだけの、完全なる「非日常」のアイテムだったので、金額出来るだけ抑えたかったのですが、「WEGO 」で2000円以下で購入できました。

その時だけ必要~~~!といった服をお探しのアラフォー世代の場合は、若者だからと敬遠せずに、利用するべきプチプラなショップだな、と思いました。

(ただし、お値段的な質感は否めないので、多用することはアラフォー世代は避けるべきかと。)

ミニスカートの場合、足をどうするか~~~って悩むんですよね。

生足か、ストッキングか!

私は、夏にストッキング(特に黒)は暑苦しいので避けた派なので、ニーハイをチョイスします。

今回履いているニーハイも私ご用達の「靴下屋(Tabio )」さんです。

色は紺色で、透け感あるので暑苦しくないですし、隙間からたま~~~に肌も見えるから、まぁ第三者の人からもそこまで暑苦しくないかな?と。

(お前の絶対領域なんて見たくねぇや!ってのはあるかもしれないが、絶対領域なんて作れなかった)

そんなわけで、このスカートを購入したきっかけがそもそも、コスプレ的要素スタートだったので、まさに「普段着ない服はイベントで」というところでしょう。

ミニスカートや着たい服を年齢で諦めない!のまとめ。

若者向けの洋服を若者ではない年齢(アラフォー、アラサー)が着るのって、確かに抵抗あると思います。

でも、それって、誰かが勝手決めた「おばさんだから着たら害」みたいな風潮が行けないと思うんですよね。

なんで「おばさんが着たら害」なんでしょうか?目に毒だから?

目に毒ってなんでしょう?目潰し効果があるなら、嫌な上司の目は、もう潰されてていいと思うんだけど… 🙁 

という冗談はさておき。

ミニスカートくらい、害でも何でもないんです。

結局は、私たち自身が、自分の年齢を気にしてしまっているせいだと思うんですよね。でも、その気持ちもよくわかる。

だけど、「年齢」は着てはいけない理由にはならない!

周りが自分たちの年齢を知っているから、着るに気が引けてしまう理由なのです。

ならば「私たちを知っている人がいない場所で着よう!」という手段に出るのです。

ライブやイベント会場など、盛り上がる場所では、主役は私たち以外で、ステージ上に目線が行きます。

「普段の自分」を知っている人がいない中であれば、「普段は着ない服を着る」ことも出来るし、思いっきり楽しめます!!!

非日常でこそ、自分が滅多にしないけど、着たい服を着ましょう!

年齢によって、着ちゃいけない服ってないはずです。

逆に「この年齢だからこそ着こなせる服」というのはあるとは思いますが。

好きな服を着て、楽しみましょう! 🙂 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

楽しいファッションライフを送りましょ~!

 

スポンサーリンク

ポチっとお願いします(*´ω`*)

にほんブログ村 ファッションブログへ